セラミド配合化粧品は敏感肌でも使いやすい!効率良く補給するには?

メディプラスゲル保湿

 


セラミド配合の化粧品は、敏感肌でも使えると評判です。

 

 

敏感肌は化粧品の成分が刺激になりやすく、選ぶのに苦労する方が多いですよね。

 

 

ピリピリやかゆみ、赤みが表れても、どの成分が原因なのかを特定するのは難しいです。

 

 

化粧品を変える度に合わない場合は、なるべく成分の少ないシンプルな物を選ぶと良いですよ!

 

 

ちなみに化粧品を塗った直後に起きる肌トラブルは、何かの成分に反応している可能性が高いです。

 

 

もし数日後や1週間以上経ってから肌トラブルが起きた場合は、バリア機能の低下によるものや、ホルモンバランスの乱れなど、スキンケア以外の要因である可能性があります。

 

 

セラミドは元々お肌に存在する

 

 

セラミドは、元々私たちのお肌の角質層に存在しています。

 

 

普段は細胞間脂質として、肌のバリア機能を高めたり、水分を保持してくれるおかげで、ハリのあるお肌を保つことができますが、コラーゲンやエラスチン同様、加齢と共に減少していきます。

 

 

そしてアトピー肌や敏感肌の場合も、セラミドが減少していて、トラブルになりやすいお肌になっています。

 

 

だからこそ、化粧品で補うことが注目されているんです。

 

 

セラミド入り化粧品は高価なものが多い

 

 

セラミド入り化粧品は、濃度が高いほど値段も高騰します。

 

 

敏感肌向けの化粧品を見てみると、1%にも満たない濃度で配合されていることから、少量でも十分に力を発揮します。

 

 

しかし敏感肌を含めて、ヒトの肌に効果をもたらすのは、ヒト型セラミドのみなんです。

 

 

最近では、【敏感肌に優しい植物由来や天然由来】を売りにしたセラミド化粧品も数多くありますが、一時的な保湿はできても、本当の意味でお肌のバリア機能やターンオーバーに働きかけることは難しいです。

 

 

ヒト型セラミドは、酵母由来の人工物でありながら、ヒトの肌と同じ形に作られているので、敏感肌にもすんなりと馴染むことができます。

 

 

そんなヒト型セラミドを見つけるには、セラミドの後ろに数字又はアルファベット記号がついているものがポイントです。

 

 

数字は旧式なので、アルファベット表記されているものが新しいです。

 

 

敏感肌におすすめな高コスパ化粧品

 

 

セラミド化粧品は高いとお伝えしましたが、効率良く補給できるアイテムがあるんです。

 

 

【メディプラスゲル】という低刺激のオールインワンゲルです。

 

 

実はメディプラスゲルには、・セラミド1(EOP)・3(NP)・6(AP)が含まれているんです。

 

 

つまり、バリア機能、水分保持、ターンオーバーの正常化に働きかけるヒト型セラミドが入っています。

 

 

それなのに2ヶ月分で、1本3,996円(税込)だから驚きですね。

 

 

安すぎて効果ないのでは?と思われますが、口コミを見ても保水効果を十分に感じている方が多く、確かな実績があります。

 

 

敏感肌用の化粧品を買い揃えるよりも遥かにお得なので、コスパを重視する方向けですよ♪

 

 

2017年11月1日には保湿効果がますますパワーアップしたリニューアル品が販売開始されました!

 

 

湿巡エッセンスとしてレモングラス葉・茎エキス、そしてモイストラップ分子となる密着型ヒアルロン酸や、プロテオグリカンが新たに仲間入り 。

 

 

密着型ヒアルロン酸は、高分子ながらプラスイオンを帯びており、水をかけても流れにくいんです!

 

 

そして皮膚のタンパク質はマイナスなので、自然とヒアルロン酸が引き合う仕組みになっています!

 

 

スキンケアとサイエンスの関係がわかると、なんだか面白いですね。

 

 

そんなメディプラスゲルの詳細はコチラ★

 

>>> メディプラスゲル公式サイトの確認はこちらから!

 

 

 

【PR】
敏感肌の原因はお肌の乾燥が関係していることが多いですね。
中には乾燥肌でありながらオイリー肌の方もいらっしゃいます。
このオイリー肌の原因も肌の乾燥が影響していることをご存知ですか?
下記で詳細に説明していますので参考にしてみて下さい。
>>> http://ministryofgrim.com/

 

 

関連ページ

温泉水配合の化粧品って何だか良さそう!オールインワンゲルもある?
温泉水の入った化粧品はどんな効果がある?温泉の効能の違いと、美肌の湯の詳細、そしてオールインワンゲル化粧品の実態を探る